初心者は投資のタイミングを把握しよう|資産運用は上手にスタート

メンズ

ミドルリターンを得よう

通貨

魅力が増しています

上場不動産投資信託が人気です。理由の1つに安定した収益を得られることが挙げられます。上場不動産投資信託の平均分配金利回りは4%前後となっています。マイナス金利が導入され、定期預金の金利や国債の利回りが一段と下がる中で、4%前後の安定した利回りを確保できる投資商品はなかなかありません。そのため、個人投資家に限らず、機関投資家にも一定の需要があります。資産運用をしているのであれば、一定割合組み込んでおいても良い投資商品と言えます。特にこれから資産運用を始めようとしている運用初心者であれば、複数銘柄に少しずつ投資をしておきましょう。運用初心者にはまとまったお金が入ったら一部を上場不動産投資信託に投資するというスタイルがお勧めです。

長期保有しよう

上場不動産投資信託の多くの銘柄は年に2回決算があり、決算月の約2ヶ月半後に分配金が支払われます。そのため、決算月の異なる銘柄を少なくとも6銘柄保有しておけば、毎月、分配金をもらえる格好を取ることができます。あとは投資口数を少しずつ増やしていけば、まとまったお小遣いを毎月もらえる仕組みができます。資産運用で安定的に収入を確保していきたいと考えている初心者はこの仕組みを目指してみましょう。株式ほど投資口価格が大きく変化することもないので、初心者でも安心して保有し続けられます。また、不動産投資で資産運用をしている人にとっても上場不動産投資信託はお勧めです。家賃収入のストック分を上場不動産投資信託に振り向けてみましょう。

Copyright© 2016 初心者は投資のタイミングを把握しよう|資産運用は上手にスタート All Rights Reserved.