初心者は投資のタイミングを把握しよう|資産運用は上手にスタート

婦人

まずは安定収益を作ろう

オフィス

資産運用の初心者は上場不動産投資信託を運用資産に組み込んでみるとよいです。上場不動産投資信託は事業構造が不動産賃貸のため、収益が安定しています。そして利益のほとんどを分配金として支払うため、安定した分配金をもらうことができます。

View Detail

分散投資の効果を知ろう

グラフ

資産運用の初心者は分散投資を心がけるとよいです。いくつもの投資商品をもつことで相性を確かめることができます。また、株式投資信託や不動産投資信託に投資をすれば、個別に投資をするよりも効率的に分散投資をすることができます。

View Detail

時間の分散が大切です

家

長続きさせよう

資産運用をしようと考えているのであれば、持っているキャッシュを一気に投資に振り向けるのではなく、少しずつ分けて投資をしましょう。一時期に集中して投資をしてしまうと、高値掴みをする可能性があります。特に資産運用をこれから始めようとしている初心者は、まず2割から3割程度の資金を投資に振り向けてみるとよいです。株式相場も為替相場も思わぬ時期に急落をするケースがあります。この急落の時に追加投資をすることができないような状況だと、すでに購入した資産が塩漬けになってしまい、投資に対してネガティブになってしまいます。特に投資の初心者の中にはこのような経験をすると、せっかく始めた資産運用をやめてしまう人もいます。

習慣化しよう

逆にある程度の手元キャッシュがあると、すでに購入している分が価格感の1つの目安となるため、割安に追加投資ができる絶好の機会と考えることもできるようになります。このような考えを持てるようになると資産運用は長続きします。資産運用の初心者は当初は適正な株価や通貨情勢、相場観などがわからないものです。上がったり下がったりする相場をみて少しずつ経験が積み重なり、大きな失敗をしなくなるようになります。相場が過熱している時に一緒になって一気に資金投入をしてしまうというのは初心者にありがちなパターンです。大きな失敗を避け、コツコツと成功するためにも、時間を分散して投資をするという習慣を身に付けることをお勧めします。

ミドルリターンを得よう

通貨

資産運用をしている人だけでなく、これから資産運用を始めようと考えている運用初心者にも上場不動産投資信託はお勧めです。また、不動産投資をしている人も資金の一部を上場不動産投資信託に振り向けて、分散投資を図ってみるというのも選択肢の1つです。

View Detail

Copyright© 2016 初心者は投資のタイミングを把握しよう|資産運用は上手にスタート All Rights Reserved.